ブログカテゴリ:監査実務



監査実務 · 13日 4月 2018
子会社への往査時にチェックするポイントになると思い会計監査に使用している監査手続書を、一般的な製造業の上場会社を例に記載します。 今回は、勘定科目は「消費税/その他の税金」になります。 昨今の税務調査を見ていても、法人税よりも消費税による修正申告が出される機会が多くなっています。 消費税の特徴として、課税、非課税、不課税の区分の誤り(多くの場合、理解不足に起因する)が生じた場合には、争点となる余地が少なく修正につながりやすいという特徴があります。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
監査実務 · 12日 4月 2018
子会社への往査時にチェックするポイントになると思い会計監査に使用している監査手続書を、一般的な製造業の上場会社を例に記載します。 今回は、勘定科目は「その他の負債」になります。 「その他の負債」のポイントは、買掛金や未払金・未払費用と同様に負債の網羅性になります。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
監査実務 · 10日 4月 2018
子会社への往査時にチェックするポイントになると思い会計監査に使用している監査手続書を、一般的な製造業の上場会社を例に記載します。 今回は、勘定科目は「未払金/未払費用」になります。 「未払金/未払費用」のポイントは、網羅性の検証です。 負債の網羅性の検証は、意外と難しくアンレコが有効な手続となります。 会社の規模が大きくなるにつれ、1月の処理件数も膨大になるため、早めに会社と打ち合わせて監査スケジュールを確認することが重要です。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
監査実務 · 09日 4月 2018
子会社への往査時にチェックするポイントになると思い会計監査に使用している監査手続書を、一般的な製造業の上場会社を例に記載します。 今回は、勘定科目は「借入金/社債」になります。 「借入金/社債」は、年次が低い方が監査を担当する場合が、多くあります。 しかし金額がそもそも大きいため、長短分類を誤るなどエラーが生じた場合には、流動比率等に影響するなど影響が大きく油断はできません。 また、昨今では、様々なタイプの借入種類が生じてきており、長短分類(場合によっては、資本性のローンもあり)や財務制限条項等が付されていないかについても検討する必要があります。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
監査実務 · 04日 4月 2018
子会社への往査時にチェックするポイントになると思い会計監査に使用している監査手続書を、一般的な製造業の上場会社を例に記載します。 今回は、勘定科目は「支払手形」になります。 昨今では、支払手形の使用は、資金決済システムの発達により使用の頻度は低下していますが、製造業においては、使用される頻度が高くなっています。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
監査実務 · 03日 4月 2018
子会社への往査時にチェックするポイントになると思い会計監査に使用している監査手続書を、一般的な製造業の上場会社を例に記載します。 今回は、勘定科目は「投資その他の資産」になります。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
監査実務 · 02日 4月 2018
子会社への往査時にチェックするポイントになると思い会計監査に使用している監査手続書を、一般的な製造業の上場会社を例に記載します。 今回は、勘定科目は「有価証券」になります。 「有価証券」で比較的問題になりやすい項目は、非上場株式の減損になります。 非上場株式の減損については、基本的には直近決算書ベースでの一株純資産価格と簿価の一株当たりの取得金額を比較し、著しい低下が見られるか判断します。 著しい低下がみられた場合には、事業計画書を入手し回復可能性を検討することになります。 一般的に、株式の減損に入る前の段階において債権がある場合には、貸倒引当金(個別引当)を行うことに留意が必要です。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
監査実務 · 29日 3月 2018
子会社への往査時にチェックするポイントになると思い会計監査に使用している監査手続書を、一般的な製造業の上場会社を例に記載します。 今回は、勘定科目は「その他流動資産」になります。 「その他流動資産」は、一般的には、リスクが低い項目になります。 ただ、「前渡金」や「仮払金」などの科目は長年、経理部門で処理が固まらず棚上げになっていることも多く、その原因を把握することが重要となります。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
監査実務 · 28日 3月 2018
子会社への往査時にチェックするポイントになると思い会計監査に使用している監査手続書を、一般的な製造業の上場会社を例に記載します。 今回は、勘定科目は「棚卸資産・原価計算」になります。 棚卸資産は、不正が発生しやすい勘定科目になり、不正の防止・発見の観点から棚卸立会は重要な手続になります。 また、原価計算も以前から原価の付替え等による不正が発生しており注意が必要です。 近年、在庫システム・原価計算システムを導入している企業も多く監査人も、システムから出力される情報と決算資料との整合性の確認は重要な監査手続となっています。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
監査実務 · 22日 3月 2018
子会社への往査時にチェックするポイントになると思い会計監査に使用している監査手続書を、一般的な製造業の上場会社を例に記載します。 今回は、勘定科目は「売掛金」になります。 売掛金は、一般的な売上の相手勘定となります。 期末日付近に予算達成のために押し込み販売が行われる可能性が高く、一般的に不正リスクが高く、重要勘定とされます。 「売掛金」の代表的な監査手続である「確認」は実証手続のなかでも基本となる重要な監査手続であり、この「確認」の差異調整をしっかりと行えるかどうか監査人としての監査能力を測る監査手続となります。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士

さらに表示する

内部監査支援専門

公認会計士(CPA)・公認内部監査人(CIA)・公認情報システム監査人(CISA)・公認不正検査士(CFE)・税理士

代表 小田陽一
代表 小田陽一


ACCESS

〒167-0054 
東京都杉並区松庵二丁目6番5号

E-mail:contact@marunouchi-internal-audit.com

Tel:03-5941-6282

受付時間:9~18時(月~金曜日)

Contact

メモ: * は入力必須項目です