· 

監査手続書:その他流動資産


スポンサーリンク


一般的事項

1 Leadの作成及び主な増減理由を記載、異常な増減については、質問を実施

2 手続・分析Scopeの記載

3 外貨換算の妥当性

  • レートの継続性(外貨基準注解8に注意)
  • レートの入手方法の継続性
  • 換算の妥当性

4 回収可能性の検討(貸付金、未収入金、立替金、仮払金等)

5 仮払金・前渡金等について、費用処理すべきものが含まれていないか確認する(アレンジメントフィーの取扱に注意)

6 注記事項の要約

7 表示の妥当性

8 結論の記載

詳細

1 勘定明細書

  • 入手・再計算
  • 貸方項目がある場合には、質問を行い、消込状況を確認する

2 (Scope以上)証憑突合の実施

3 (重要性があれば)未収利息について、オーバーオールテストを実施する


内部監査支援専門

公認会計士(CPA)・公認内部監査人(CIA)・公認情報システム監査人(CISA)・公認不正検査士(CFE)・税理士

代表 小田陽一
代表 小田陽一


ACCESS

〒167-0054 
東京都杉並区松庵二丁目6番5号

E-mail:contact@marunouchi-internal-audit.com

Tel:03-5941-6282

受付時間:9~18時(月~金曜日)

Contact

メモ: * は入力必須項目です