会計・税務

会計・税務 · 23日 3月 2018
個人事業主から法人化(株式会社の設立)を検討するにあたって、法人化することによるメリット・デメリットをまとめてみました。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
会計・税務 · 12日 3月 2018
平成29年度税制改正で、試験研究費の範囲の見直しが行われ、サービス開発に係る試験研究費が新たに税額控除の対象となりました。 今回は、サービス開発に係る試験研究費の範囲についてご紹介いたします。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
会計・税務 · 09日 3月 2018
平成29年度税制改正で、試験研究費の範囲の見直しが行われ、サービス開発に係る試験研究費が新たに税額控除の対象となりました。 今回は、サービス開発に係る試験研究費の範囲についてご紹介いたします。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
会計・税務 · 08日 3月 2018
平成29年度税制改正で、試験研究費の範囲の見直しが行われ、サービス開発に係る試験研究費が新たに税額控除の対象となりました。 従来の研究開発税制の支援対象については、製造業による「モノ作り」の研究開発が中心とされてきましたが、ビッグデータ等を活用した第4次産業革命型の「サービス」の開発(サービス開発)を新たに追加することで我が国の企業の国際競争力強化を図ることにあります。 試験研究費に係る平成29年度税制改正については、本日解説しますサービス開発以外にも総額型の控除率を試験研究費の増減に応じたものとすることやオープンイノベーション型の研究開発に対する措置について、対象費用の追加・変更の柔軟化や手続きの簡素化など、要件の緩和を図ることなどの改正が行われています。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。 大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士/公認内部監査人が貴社の内部監査をサポートします。 高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。 公認内部監査人(CIA)・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)・税理士
会計・税務 · 21日 12月 2017
2017年12月6日 企業会計基準委員会より公開草案として「資金決済法における仮想通貨の会計処理等に関する当面の取扱い(案)が公表されました。 仮想通貨は、会計学(財務諸表論)からみても非常に論点が多いのが特徴になります。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士が貴社の内部監査をサポートします。高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。秘密厳守につきお気軽にお問い合わせください。税理士・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)
会計・税務 · 20日 12月 2017
2017年12月6日 企業会計基準委員会より公開草案として「資金決済法における仮想通貨の会計処理等に関する当面の取扱い(案)が公表されました。 公開草案における、会計処理に関する概要を記載します。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士が貴社の内部監査をサポートします。高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。秘密厳守につきお気軽にお問い合わせください。税理士・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)
会計・税務 · 19日 12月 2017
当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。大手監ポートします。高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。秘密厳守につきお気軽にお問い合わせください。査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士が貴社の内部監査をサ税理士・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)
会計・税務 · 18日 12月 2017
2017年12月6日、仮想通貨の取扱について、企業会計基準委員会より公開草案として『「資金決済法における仮想通貨の会計処理等に関する当面の取扱い(案)」の公表』が公表されました。 仮想通貨については、仮想通貨という特性上、会計上の分類が難しくこれまで直接規定した会計基準が存在しませんでした。他方で世の中の利用頻度は高まってきており、利用者保護の観点から仮想通貨交換業者への分別管理に関する監査も義務付けています。 当事務所は、内部監査のアウトソーシングを専門としています。大手監査法人で長年監査に従事し経験豊富な公認会計士が貴社の内部監査をサポートします。高品質で信頼性の高い内部監査の実現を第三者的な立場からサポートします。秘密厳守につきお気軽にお問い合わせください。税理士・公認不正検査士(CFE)・公認情報システム監査人(CISA)
会計・税務 · 17日 12月 2017
圧縮記帳には、直接減額方式と積立金方式とがあります。 上場企業やIPOを目指す会社については、企業会計の取得原価主義の観点から積立金方式が比較的多く採用されています。 圧縮記帳のうち、積立金方式について記載したいと思います。

さらに表示する

内部監査支援専門

公認会計士(CPA)・公認内部監査人(CIA)・公認情報システム監査人(CISA)・公認不正検査士(CFE)・税理士

代表 小田陽一
代表 小田陽一


ACCESS

〒167-0054 
東京都杉並区松庵二丁目6番5号

E-mail:contact@marunouchi-internal-audit.com

Tel:03-5941-6282

受付時間:9~18時(月~金曜日)

Contact

メモ: * は入力必須項目です