· 

「ビックデータの3つのV」/『ビックデータの理解と監査』より


スポンサーリンク


CIAフォーラム研究会報告として2017年4月に「ビックデータの理解と監査」として公表されました。

内部監査として、必要となるビックデータに関する基礎知識が体系的に説明されているとともに、組織として取り組むべきビックデータ・プログラムやビックデータに関するリスク・コントロールが例示されています。

今回は、「ビックデータの理解と監査」よりビックデータの管理として「ビックデータの3つのV」をご紹介したいと思います。

「ビックデータの3つのV」とは、「ビックデータの理解と監査」に記載されているように、ビックデータの管理に関する特色である、量(volume)、速度(velocity)、多様性(variety)になります。

この3つに加えて、2013年8月にマーク・ファン・リジメナム氏が4つの側面を追加したものになります。

正確性(veracity)、変化(variability)、視覚性(visualization)、価値(value)

ビックデータを性質を理解し、活用するためのヒントになるもので一度、「ビックデータの理解と監査」でご確認いただくことをお勧めします。



内部監査支援専門

公認会計士(CPA)・公認内部監査人(CIA)・公認情報システム監査人(CISA)・公認不正検査士(CFE)・税理士

代表 小田陽一
代表 小田陽一


ACCESS

〒167-0054 
東京都杉並区松庵二丁目6番5号

E-mail:contact@marunouchi-internal-audit.com

Tel:03-5941-6282

受付時間:9~18時(月~金曜日)

Contact

メモ: * は入力必須項目です