· 

【製薬】内部監査~子会社(海外を含む)~


スポンサーリンク

【国際資格を目指すならアビタス】私もここで教鞭をとっています。



製薬業界における内部監査のうち、近年重要と思われるテーマについて解説いたします。
今回のテーマは、子会社(海外を含む)の管理になります。


近年、グローバルでのM&Aが盛んにおこなわれています。

グローバルでのM&Aが活発におこなわれている理由としては、

社会保障費の増大に伴う薬価の引き下げ傾向、特許切れの問題や各種パイプライン間での競争が激しくなっており、製品化までの時間・リスクをおさえることを目的として海外の会社を買収するケースが増加しています。

 

一方で、製薬業界は、各種の規制が多く存在し買収した会社しているかが重要なテーマとなります。

海外の子会社をマネジメントとするには、語学能力と何より高い調整能力が求められます。

労働人口が減少しいる現在において、語学能力が高く、本社の意向と子会社の意向をうまく調整できる人物を確保することは難しい状況となっています。

 

また不正は、本社の目の届きにくい地方や海外で多く発生する傾向にあります。

製薬には、各国それぞれに規制が多く存在しています。

贈賄、不正競争防止に関する規制については、留意する必要があります。


内部監査支援専門

公認会計士(CPA)・公認内部監査人(CIA)・公認情報システム監査人(CISA)・公認不正検査士(CFE)・税理士

代表 小田陽一
代表 小田陽一


ACCESS

〒167-0054 
東京都杉並区松庵二丁目6番5号

E-mail:contact@marunouchi-internal-audit.com

Tel:03-5941-6282

受付時間:9~18時(月~金曜日)

Contact

メモ: * は入力必須項目です