· 

【内部監査】J-SOXの効率化と活用~人材の育成


スポンサーリンク

【国際資格を目指すならアビタス】私もここで教鞭をとっています


人材の育成

月刊監査研究第43巻第10号「J-SOXの効率化と活用~各社J-SOX取り組み状況比較を通じて検証する~」と題して、上場会社、非上場会社に対するアンケート結果をもとに研究報告がされています。

 

J-SOXが2008年に導入され10年が経過しようとしています。

導入当初は、注目されていましたが導入から10年を迎えルーチン化かしている事例もあり、内部監査の効率性・有効性を高めるためにJ-SOXに監査のあり方を問い直す意味において重要なレポートとなっています。

監査の効率化と有効性は、監査資源が有限である以上表裏一体にあり、監査の効率性を考えることは、有効性の向上にもつながります。

 

当該研究報告に記載されているもののうち、重要と思われる視点を3つに分けて整理しました。

 

3つの柱のうち、「人材の育成」にスコープをあてて記載したいと思います。


重要なポイント

「人材の育成」は、J-SOXの活用や監査の有効性を考えるうえでは、重要となります。

従来は、社内ローテーションで多くが内部監査要員が確保されてきていましたが、労働人口の減少や業務の専門家の進展により、人員の確保に苦労されている会社が多く存在します。

まだ、内部監査分野においては、外部のリソースの活用が機密性の観点から進んでいないことも人員の確保の点でのネックとなっています。

 

「人材の育成」において重要なポイントは下記のとおりです。

 

・評価者のローテーション
・OJT
・スキルアップ(資格等)

 

特に、内部監査においては、業務がルーチン化することによる慣れが生じないことが、監査の有効性を高めるために重要になります。

また、OJTにより、経験の伝承は品質管理を向上させるためにも重要になります。

IT技術の進歩は著しく、情報セキュリティ分野、システム開発においてもアジャイル開発など新しい開発方式も採用されている事例も増加しており、セキュリティ・ITに関する監査において人材を確保することが急務となっています。個人のスキルアップを図ることがマンネリ化の防止・モチベーションを高めるために重要となってきています。


内部監査支援専門

公認会計士(CPA)・公認内部監査人(CIA)・公認情報システム監査人(CISA)・公認不正検査士(CFE)・税理士

代表 小田陽一
代表 小田陽一


ACCESS

〒167-0054 
東京都杉並区松庵二丁目6番5号

E-mail:contact@marunouchi-internal-audit.com

Tel:03-5941-6282

受付時間:9~18時(月~金曜日)

Contact

メモ: * は入力必須項目です