· 

【内部監査】内部監査における監査報告書テンプレート


スポンサーリンク

【国際資格を目指すならアビタス】私もここで教鞭をとっています。


2016年11月に内部監査人協会(IIA)より公表された「IPPFプラクティス・ガイド『監査報告書:アシュアランス業務の結果の伝達』」では、監査報告書のテンプレートが記載されています。

日本においては、内部監査報告書の記載内容についても、企業の事情に応じて異なっています。

内部監査においては、最終監査報告書の記載事項を頭にいれながら監査をすすめることは監査資源の有効利用につながるため、効率性の点で有用です。

監査資源の有効利用は結果的には、リスクアプローチに従うものであり結果的には、内部監査の品質を維持・向上するためにも重要な概念となっています。

また、公認会計士監査においても、子会社往査、工場往査した際に作成するレポートにも応用がききます。



内部監査支援専門

公認会計士(CPA)・公認内部監査人(CIA)・公認情報システム監査人(CISA)・公認不正検査士(CFE)・税理士

代表 小田陽一
代表 小田陽一


ACCESS

〒167-0054 
東京都杉並区松庵二丁目6番5号

E-mail:contact@marunouchi-internal-audit.com

Tel:03-5941-6282

受付時間:9~18時(月~金曜日)

Contact

メモ: * は入力必須項目です